池袋の実力派美容室(美容院)ならprizeへ

池袋西口徒歩1分のprize、池袋東口徒歩1分のprize Iris

24時間ネット予約受付

美容院・美容室 prize 池袋西口店 / prize Iris 池袋東口店TOP > カラーリング剤はおすすめできる?
池袋西口店メニュー 池袋東口店メニュー その他コンテンツ

カラーリング剤はおすすめできる?

カラーリング剤はおすすめできる?

カラーリング剤はおすすめできる?

カラーリング剤はおすすめできる?
市販のカラーリング剤の種類が増えて色選びもできるようになったし、美容院より費用がかからないので、使用している人が増えていますね。中には次に美容院でカラーリングするまでに、気になりだした髪の根元だけ自分で染めている人もいるでしょう。セルフでカラーリングするなら、どんな肌の色にも馴染みやすいブラウン系がおすすめですが、根元から毛先までキレイに染めるのはかなり経験が必要です。また、美容院で自分に似合うように調合した色でカラーリングしている場合、市販のカラーリング剤で同じ色を再現するのは難しいです。市販のカラーリング剤と美容院のカラーリングでは仕上がりが違います。


市販のカラーリング剤と美容院の違い

市販のカラーリング剤と美容院の違い

市販のカラーリング剤と美容院の違い
市販のカラーリング剤はしっかり染まることを重視しているので、強めの薬を使用することが多いです。しかし、髪の部分によって色を調整するために薬を強くしない方が良い場合があり、そのまま強めの薬を使用すると髪を不必要に傷めてしまいます。美容院では髪の傷み具合や部分によって強さの違うカラーリング剤を使い分け、なるべく髪にダメージを与えない方法で行います。根元と毛先の髪の色の違いに合わせ、カラーリング剤の強さを使い分けるのもそのためです。

ヘアケアとカラーアレンジが違う

ヘアケアとカラーアレンジが違う

ヘアケアとカラーアレンジが違う
美容院でカラーリングをした後は、頭皮に薬が残らないよう、専用シャンプーで何度も洗い流します。頭皮を傷めないために大事なことですが、自宅でカラーリングをした後は、注意して洗い流したと思っても、頭皮についた薬をきれいに洗い流すのは中々できません。市販のカラーリング剤の色の種類はあまり多くありませんが、美容室では豊富なカラーリング剤の色を混ぜて作り、お客様に合わせたカラーアレンジも提案することができます。

市販のカラーリング剤を使用する時は

市販のカラーリング剤を使用する時は

市販のカラーリング剤を使用する時は
自分でカラーリングする際は、パッチテストを行って大丈夫であることを確認して下さい。予め、おでこやうなじ、顔の近くにクリームを塗って肌を保護しておきましょう。カラーリングは髪が伸びた分だけにし、なるべく髪の負担を軽くします。頭皮に傷がある時はカラーリングはしない方が良いです。カラーリング剤の使用説明書をよく読み、放置時間や使用量などを記載通りに守って使用して下さい。以上に注意し、自分でキレイに染めるには髪をクリップでブロッキングし、染め始めは毛先から、染め終わったらキャップを被って温度を上げると染まりやすいです。